頭部神経痛の症状と特徴

スポンサード リンク



頭部神経痛の症状と特徴

頭部神経痛は、神経の痛みが原因で起こる頭痛です。頭部や顔面を走っている末梢神経が「放電現象」を起こすため、他の頭痛と痛み方が異なっています。

 

締め付けられるような痛みや重い感じの痛みではなく、ビリビリ、チクチクといった電撃的な痛みがあるのが大きな特徴になります。痛みの1回あたりの持続時間は数秒ほどと短く、痛みのないときを「間欠期」といいます。

 

放電現象は1日に1、2回〜数回程度にあることもあり、頭痛の起こる頻度は個人差があります。

 

 

頭部神経痛の痛みの特徴

 

  • 顔面や後頭部にビリビリ、チクチクとする電気が走るような痛みがある。
  • 皮膚の表面の痛みのように感じる。
  • 痛みの領域が限られ、頭全体が痛いというわけではない。
  • 髪の毛や肌にさわると、ピリピリとした痛みが誘発される。

 

痛みはじめるとどうなる?

 

  • 痛む部分の神経を押さえると、強く痛む。

 

 

頭部神経痛の痛みのパターンはいくつかに分けられます。チクチクと痛みが持続するタイプや、瞬間的に電撃が走るタイプのものがあります。軽症の人は痛みというよりも、ピリピリと違和感を感じるだけのようなこともあります。

 

スポンサード リンク

頭部神経痛の症状と特徴関連エントリー

頭部神経痛の原因と治療法
頭部神経痛に関係している6本の神経と、痛みの原因、薬や麻酔を使った治療法などを紹介しています。