慢性頭痛の症状と対処・治療法

スポンサード リンク



日常生活を苦しめる頭痛をなんとかしたい!

頭痛,原因,治療,病院,漢方,症状

頭痛はだれもが一度は経験したことのある症状ではないでしょうか。逆をいうと、頭痛を経験したことのない人はほとんどいないと言っていいでしょう。

 

頭痛には、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、頭部神経痛、低髄液圧性頭痛、労作性頭痛、症候性頭痛の7つのタイプがあり、その種類によって、痛みの性質や経過に違いがあります。

 

そして、頭痛は、痛みの特徴を患者さん自身がきちんと把握することが正しい治療につながり、それぞれのタイプに合った対処法でなければ効果が得られないというところが重要なポイントとなります。

 

病院などの医療機関では、頭痛に対する取り組みがやや遅れていたという側面もあります。近年では日本頭痛学会が発足して、少しずつ頭痛に関する診療も向上しはじめています。

 

頭痛を解消して、日常生活をより充実したものにできれば幸いです。

サイトマップ

片頭痛(偏頭痛)

片頭痛(偏頭痛)の症状と特徴  片頭痛(偏頭痛)の原因  片頭痛(偏頭痛)の予防・対処法 

緊張型頭痛

緊張型頭痛の症状と特徴  緊張型頭痛の原因  緊張型頭痛の予防・対処法 

群発頭痛

群発頭痛の症状と特徴  群発頭痛の予防・対処法  女性に多い激痛タイプの頭痛 

頭部神経痛

頭部神経痛の症状と特徴  頭部神経痛の原因と治療法 

低髄液圧性頭痛

低髄液圧性頭痛の症状と特徴  低髄液圧性頭痛の原因と治療法 

労作性頭痛

労作性頭痛の症状と特徴  労作性頭痛の原因と治療 

症候性頭痛

脳出血・脳梗塞による頭痛  くも膜下出血による頭痛  脳腫瘍による頭痛  慢性硬膜下血腫による頭痛  高血圧による頭痛  副鼻腔炎による頭痛  髄膜炎による頭痛  側頭動脈炎による頭痛 

脳ドックのすすめ


頭痛のタイプに合った対処法

頭痛の対処の前に知っておきたいこと  冷やして頭痛をとる冷却療法  光と音をさえぎって痛みをやわらげる  カフェインで頭痛を軽くする  血管を押さえて頭痛を軽くする  温めて頭痛をとる温熱療法  ストレッチ・筋トレで頭痛を予防  ツボ押し・マッサージで頭痛をやわらげる  枕を選んで緊張型頭痛を予防  食べ物や飲酒に注意して頭痛を予防  酸素吸入で群発頭痛を治療  ベルト締めと塩水で低髄液圧性頭痛を防ぐ  労作性頭痛は、運動・刺激に注意する 

子供の頭痛の特徴


中高年の頭痛の特徴


市販薬・鎮痛薬の選び方


病院での診察の受け方


病院でもらう薬

片頭痛や群発頭痛に効く血管収縮薬  血圧を下げる降圧薬  頭部神経痛に効く抗てんかん薬  筋弛緩薬と抗不安薬・抗うつ薬の作用  労作性頭痛には非ステロイド性消炎鎮痛薬 

お問い合わせ・免責事項・プライバシーポリシー


リンク集