ベルト締めと塩水で低髄液圧性頭痛を防ぐ

スポンサード リンク



低髄液圧性頭痛の対処法

すすめられる頭痛のタイプ → 低髄液圧性頭痛

 

髄液圧を上げて頭痛をとる

 

低髄液圧性頭痛は、脳や脊髄の周りにある髄液圧が低下することによって起こる頭痛です。そのしくみは、髄液圧が下がることにより、脳や脊髄の周りの血管、神経などが影響を受けて痛みが起こるというものです。

 

低髄液圧性頭痛の痛みを防ぐためには、髄液圧を上げて正常にしなければなりません。そこで、髄液圧を上げる方法を紹介していきます。

 

ベルトをきつめに締める

ベルトを普段よりもきつめに締めることで、髄液圧が上がります。スカートのウエストのホックを少しきつめに調節する方法もあります。

 

息を止めていきんでみる

頭痛がひどくなったときには横になったほうがよいですが、それができない場合は、息を止めてグッと強くいきむと髄液圧が上がって頭痛が軽くなります。

 

きつめの下着をつけてみる

女性の方は、ブラジャーやガードルなどで少し締め付けてみても髄液圧が上がります。ただし、締め付け過ぎるのはよくありません。

 

塩水を飲んだり、水分を多めに補給する

 

低髄液圧性頭痛の人は低血圧との関係も深いことが分かっています。よって、血圧を少し上げると頭痛の予防にもつながります。

 

そのためには、塩分を少し多めにとって血圧を上げ、髄液圧も上げていくことです。高血圧の人は塩分を控えめにしなければなりませんが、それとは逆のことをするのです。

 

塩水を飲むのが簡単ですが、抵抗のある方は塩けの多い梅干しや漬物を食べたり、こぶ茶などで塩分をとるようにしましょう。

 

また、水分をたっぷり補給するのも忘れないようにします。とくに夏場は汗をかくため、体の水分が不足しがちになります。じっとしていても水分は失われるので、ミネラルウォーターで水分量を増やしましょう。

 

スポンサード リンク

ベルト締めと塩水で低髄液圧性頭痛を防ぐ関連エントリー

頭痛の対処の前に知っておきたいこと
頭が痛くなったときに、やみくもに薬を飲んだり手当てしても、症状が軽くならない場合があります。これは頭痛の対処法が間違っているためです。
冷やして頭痛をとる冷却療法
もっともよく行われる手当てが冷やすという方法です。冷やすことによって血管を収縮させ、痛みを鎮めるので片頭痛には有効となります。
光と音をさえぎって痛みをやわらげる
片頭痛では、光や大きな音によって痛みが増すように感じることがあります。光と音をシャットアウトすることで、コントロールする対策をしていきましょう。
カフェインで頭痛を軽くする
片頭痛の対策に、鎮痛作用のあるカフェインをとって痛みを軽くするという方法があります。頭痛の予感がしたときに、早めにコーヒーや紅茶などを飲むようにしましょう。
血管を押さえて頭痛を軽くする
片頭痛では、こめかみの血管を押さえることで痛みを軽くするという対処法があります。ズキズキした痛みは、冷やしながら圧迫するとさらに効果があります。
温めて頭痛をとる温熱療法
緊張型頭痛や頭部神経痛では、温めることによって痛みをやわらげることができます。温めて血行を促すと、頭痛の原因がなくなります。
ストレッチ・筋トレで頭痛を予防
緊張型頭痛の予防には、温めるほかにストレッチや筋肉を鍛えるトレーニングをすることも有効です。首や肩の筋力が弱い女性はとくに鍛えましょう。
ツボ押し・マッサージで頭痛をやわらげる
緊張型頭痛の予防には、ツボ押しやマッサージも効果があります。首や肩のこりをほぐす方法として、リラックスするためにもおすすめです。
枕を選んで緊張型頭痛を予防
緊張型頭痛の予防には、快適な睡眠で疲れを残さないことも重要です。その際には、枕を正しく選んでいきましょう。
食べ物や飲酒に注意して頭痛を予防
頭痛には食べ物も関係しており、片頭痛(偏頭痛)や群発頭痛がある人はとくに気をつけなければなりません。飲酒も頭痛を引き起こす要因になります。
酸素吸入で群発頭痛を治療
群発頭痛は頭痛のなかでも激痛になりますが、酸素吸入療法が有効となります。医師と相談して、携帯用の酸素ボンベを常備することが必要です。
労作性頭痛は、運動・刺激に注意する
労作性頭痛では、頭痛を誘発する動作や刺激などの引きがねを避けなければなりません。頭痛を防ぐためのポイントを知っておきましょう。