カフェインで頭痛を軽くする

カフェインには頭痛をやわらげる作用がある

すすめられる頭痛のタイプ → 片頭痛

頭痛,原因,カフェイン,対処

 

カフェインは、コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれる成分としてよく知られていますが、実は鎮痛作用をもっています。

 

医薬品として使われている成分でもあり、鎮痛薬にもカフェインが配合されているものが多くあります。

 

頭痛のときに、鎮痛薬の飲み過ぎが少し気になるという場合は、かわりにカフェインをとると有効なことがあります。

 

カフェインの作用

 

カフェインには、ほかにもさまざまな作用があります。合わせて知っておくとよいでしょう。

 

  • 中枢興奮作用・・・脳の働きや感覚を高める作用です。眠気や倦怠感の解消に有効です。
  • 骨格筋への作用・・・筋肉を収縮させる働きです。これにより疲労を軽減すると考えられています。
  • 利尿作用・・・腎臓の血管を拡張させる働きがあり、尿の生成を増加させて、尿の量を増やします。
  • 心筋への作用・・・心筋の収縮、脈拍、拍出量を増加させます。
  • 脳の血管への作用・・・脳の血管を収縮させる働きがあります。この作用によって、血管拡張型の頭痛である片頭痛の痛みの軽減に効果があると考えられています。

 

頭痛の予感がしたら早めに飲む

 

1杯のコーヒーに含まれるカフェインの量は、レギュラーコーヒーで40〜180mg、インスタントコーヒーで30〜120mgといわれています。

 

コーヒー以外にカフェインが含まれている飲み物には、緑茶(玉露)、煎茶、紅茶があります。ウーロン茶にも含まれています。

 

頭痛対策にカフェインをとる場合は、痛くなりそうだという予感や前兆がしたら、早めに飲んでおくことがポイントとなります。

 

ただし、カフェインのとり過ぎはかえって頭痛の原因になることもあります。カフェインの過剰摂取になっている人は、体内のカフェインがなくなったり減少することによって、カフェイン禁断性の頭痛が起こることがあります。

 

1ヵ月15g以上(1日に500mg以上)のカフェインをとるのは控えましょう。

 

スポンサード リンク

カフェインで頭痛を軽くする関連エントリー

頭痛の対処の前に知っておきたいこと
頭が痛くなったときに、やみくもに薬を飲んだり手当てしても、症状が軽くならない場合があります。これは頭痛の対処法が間違っているためです。
冷やして頭痛をとる冷却療法
もっともよく行われる手当てが冷やすという方法です。冷やすことによって血管を収縮させ、痛みを鎮めるので片頭痛には有効となります。
光と音をさえぎって痛みをやわらげる
片頭痛では、光や大きな音によって痛みが増すように感じることがあります。光と音をシャットアウトすることで、コントロールする対策をしていきましょう。
血管を押さえて頭痛を軽くする
片頭痛では、こめかみの血管を押さえることで痛みを軽くするという対処法があります。ズキズキした痛みは、冷やしながら圧迫するとさらに効果があります。
温めて頭痛をとる温熱療法
緊張型頭痛や頭部神経痛では、温めることによって痛みをやわらげることができます。温めて血行を促すと、頭痛の原因がなくなります。
ストレッチ・筋トレで頭痛を予防
緊張型頭痛の予防には、温めるほかにストレッチや筋肉を鍛えるトレーニングをすることも有効です。首や肩の筋力が弱い女性はとくに鍛えましょう。
ツボ押し・マッサージで頭痛をやわらげる
緊張型頭痛の予防には、ツボ押しやマッサージも効果があります。首や肩のこりをほぐす方法として、リラックスするためにもおすすめです。
枕を選んで緊張型頭痛を予防
緊張型頭痛の予防には、快適な睡眠で疲れを残さないことも重要です。その際には、枕を正しく選んでいきましょう。
食べ物や飲酒に注意して頭痛を予防
頭痛には食べ物も関係しており、片頭痛(偏頭痛)や群発頭痛がある人はとくに気をつけなければなりません。飲酒も頭痛を引き起こす要因になります。
酸素吸入で群発頭痛を治療
群発頭痛は頭痛のなかでも激痛になりますが、酸素吸入療法が有効となります。医師と相談して、携帯用の酸素ボンベを常備することが必要です。
ベルト締めと塩水で低髄液圧性頭痛を防ぐ
低髄液圧性頭痛は、ベルトを少しきつめに締める方法や、塩水を補給する方法が効果があります。頭痛の解消には水分の補給も忘れないようにしましょう。
労作性頭痛は、運動・刺激に注意する
労作性頭痛では、頭痛を誘発する動作や刺激などの引きがねを避けなければなりません。頭痛を防ぐためのポイントを知っておきましょう。