酸素吸入で群発頭痛を治療

スポンサード リンク



酸素吸入で群発頭痛を治療

すすめられる頭痛のタイプ → 群発頭痛

 

群発頭痛の頭痛発作は、慢性的な頭痛のなかでもとくに痛みが強いことで知られています。この群発頭痛の痛みを予防、軽減するためには予防薬を使うのが一般的ですが、酸素を吸入する治療法も行われるようになってきました。

 

医師に相談し、携帯用の酸素ボンベをもつ

 

群発頭痛の痛みをすぐにおさえたい場合に、拡張した血管の収縮を促して痛みを鎮める「酸素吸入療法」が有効なことがあります。

 

くり返し吸入しても効果は薄れることなく、副作用もありません。ただし、すべての人の群発頭痛に効果があるとは限らないので注意しましょう。

 

具体的には、100%酸素を15〜20分以上吸入していくことになります。市販されている酸素スプレーでは効果はありません。そして、発作にいつでも対処できるように、酸素ボンベは携帯しておくことが必要になります。

 

酸素吸入療法は、近年ではよくおこなわれている治療法なので、詳しくは医師に相談してみるとよいでしょう。なお、健康保険は適用されていないので、1ヵ月に2、3万円ほどの費用がかかります。

 

 

酸素吸入療法をおこなうためには

 

酸素吸入で効果があった人

酸素吸入はすべての群発頭痛の人に効果があるとは限りません。頭痛発作で酸素吸入を受けたことのある人で、痛みが軽減した人におこなわれます。

 

自宅などに酸素吸入の設備が必要

群発頭痛の発作にいつでも対応できるように、自宅や勤務先などに酸素ボンベを常備しておく必要があります。

 

健康保険適用外なので費用がかかる

治療を受けるために必要なものは、自宅用の酸素ボンベ、スタンド、携帯用キャリーカート式の酸素ボンベ、流量計、フェイスマスク、純酸素などがあります。健康保険の適用外なので、すべて自己負担となります。月に2〜3万円ほどかかります。

 

スポンサード リンク

酸素吸入で群発頭痛を治療関連エントリー

頭痛の対処の前に知っておきたいこと
頭が痛くなったときに、やみくもに薬を飲んだり手当てしても、症状が軽くならない場合があります。これは頭痛の対処法が間違っているためです。
冷やして頭痛をとる冷却療法
もっともよく行われる手当てが冷やすという方法です。冷やすことによって血管を収縮させ、痛みを鎮めるので片頭痛には有効となります。
光と音をさえぎって痛みをやわらげる
片頭痛では、光や大きな音によって痛みが増すように感じることがあります。光と音をシャットアウトすることで、コントロールする対策をしていきましょう。
カフェインで頭痛を軽くする
片頭痛の対策に、鎮痛作用のあるカフェインをとって痛みを軽くするという方法があります。頭痛の予感がしたときに、早めにコーヒーや紅茶などを飲むようにしましょう。
血管を押さえて頭痛を軽くする
片頭痛では、こめかみの血管を押さえることで痛みを軽くするという対処法があります。ズキズキした痛みは、冷やしながら圧迫するとさらに効果があります。
温めて頭痛をとる温熱療法
緊張型頭痛や頭部神経痛では、温めることによって痛みをやわらげることができます。温めて血行を促すと、頭痛の原因がなくなります。
ストレッチ・筋トレで頭痛を予防
緊張型頭痛の予防には、温めるほかにストレッチや筋肉を鍛えるトレーニングをすることも有効です。首や肩の筋力が弱い女性はとくに鍛えましょう。
ツボ押し・マッサージで頭痛をやわらげる
緊張型頭痛の予防には、ツボ押しやマッサージも効果があります。首や肩のこりをほぐす方法として、リラックスするためにもおすすめです。
枕を選んで緊張型頭痛を予防
緊張型頭痛の予防には、快適な睡眠で疲れを残さないことも重要です。その際には、枕を正しく選んでいきましょう。
食べ物や飲酒に注意して頭痛を予防
頭痛には食べ物も関係しており、片頭痛(偏頭痛)や群発頭痛がある人はとくに気をつけなければなりません。飲酒も頭痛を引き起こす要因になります。
ベルト締めと塩水で低髄液圧性頭痛を防ぐ
低髄液圧性頭痛は、ベルトを少しきつめに締める方法や、塩水を補給する方法が効果があります。頭痛の解消には水分の補給も忘れないようにしましょう。
労作性頭痛は、運動・刺激に注意する
労作性頭痛では、頭痛を誘発する動作や刺激などの引きがねを避けなければなりません。頭痛を防ぐためのポイントを知っておきましょう。