症候性頭痛

スポンサード リンク



症候性頭痛記事一覧

脳出血・脳梗塞による頭痛

頭痛の起こり方脳出血・脳梗塞による頭痛は、多くの人が思っているような激しい痛みはありません。症状には、頭が重たい感じがしたり、頭の奥がジーンとしびれるような痛みを感じることがあります。原因脳出血の原因は、動脈硬化や栄養不足などで脳の血管がもろくなっているところに、高血圧による影響で血管が破れることで...

≫続きを読む

 

くも膜下出血による頭痛

頭痛の起こり方くも膜下出血による頭痛のもっとも大きな特徴は、その強烈な痛みです。ハンマーでおもいっきり殴られたような痛みなどと形容され、人によっては死の危険を感じることもあります。この激痛は、脳の血管にできたコブが破裂することによるものです。激痛の後は、ガンガンする痛みが続きます。また、意識障害が出...

≫続きを読む

 

脳腫瘍による頭痛

頭痛の起こり方脳腫瘍による頭痛は、頭痛があらわれたときには、すでに腫瘍がかなりの大きさになっていることも多くなります。脳腫瘍は必ず頭痛が起こる病気だと思っている人も多いようですが、そのようなことはありません。(頭痛が初期症状として起こることはあります。)こわいのは、頭痛が起こる前に、意識障害、視覚・...

≫続きを読む

 

慢性硬膜下血腫による頭痛

頭痛の起こり方慢性硬膜下血腫による頭痛は、脳を包んでいるくも膜の外側にある硬膜の内側に血種ができることにより起こります。首を左右に振ったときに強い痛みがあるのが特徴です。高齢の人では、頭痛ではなく、痴呆のような症状が出ることもあります。原因打撲や外傷などにより、硬膜の内側の静脈が傷ついて、出血するこ...

≫続きを読む

 

高血圧による頭痛

頭痛の起こり方病気が原因でない高血圧の場合、頭痛というほどの痛みを感じることは少なく、頭が重い感じの症状を訴えることが多くあります。重度の高血圧(200以上)や、血圧を調節するホルモンの病気などで高血圧になっている場合、脈拍に合わせて痛みを感じます。ズキズキするような痛みです。原因高血圧の原因はさま...

≫続きを読む

 

副鼻腔炎による頭痛

頭痛の起こり方副鼻腔(ふくびくう)とは、鼻の周辺にある空洞部分のことです。副鼻腔炎は、この部分に炎症が起こって膿のような鼻汁がたまる病気です。副鼻腔炎による頭痛は、前頭部や顔面に痛みが起こります。ほかにも、眉間のあたりを軽くたたくと痛むこともあります。これは叩打痛と呼ばれます。また、急性副鼻腔炎では...

≫続きを読む

 

髄膜炎による頭痛

頭痛の起こり方風邪の症状に少し似ており、頭痛のほかに発熱、吐き気などがみられます。また、後頭部から首にかけて、硬く固まってしまう状態になることもあります。これは「項部硬直」と呼ばれます。原因髄膜炎(ずいまくえん)とは、脳の髄膜下腔のうち、脊髄を覆う軟膜に炎症が生じた状態をいいます。脳膜炎、脳脊髄膜炎...

≫続きを読む

 

側頭動脈炎による頭痛

頭痛の起こり方側頭動脈炎にかかると、こめかみにある動脈が炎症を起こして膨れて浮き出ます。押すと痛みがあり、ジクジクとした持続性のある痛みがあります。脈拍に合わせてズキズキと痛む場合もあります。また、微熱を伴うこともあります。原因側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)は、リウマチ関連疾患の1つで、巨細胞...

≫続きを読む