副鼻腔炎による頭痛

スポンサード リンク



副鼻腔炎による頭痛

頭痛の起こり方

 

副鼻腔(ふくびくう)とは、鼻の周辺にある空洞部分のことです。副鼻腔炎は、この部分に炎症が起こって膿のような鼻汁がたまる病気です。

 

副鼻腔炎による頭痛は、前頭部や顔面に痛みが起こります。ほかにも、眉間のあたりを軽くたたくと痛むこともあります。これは叩打痛と呼ばれます。

 

また、急性副鼻腔炎では頭痛が出る場合が多いですが、慢性副鼻腔炎では頭痛は起こりにくいとされる場合もあります。

 

 

原因

 

原因は鼻炎などがきっかけとなって、副鼻腔に炎症が起こることによります。膿がたまってくると、頭痛のほかに鼻づまりや鼻汁などが出てきます。

 

 

治療方法

 

炎症を起こしている部分は、外科手術をして取り除いて治療していきます。手術をするほどでもない軽い場合は、薬を使用して対症療法を行います。

 

スポンサード リンク

副鼻腔炎による頭痛関連エントリー

脳出血・脳梗塞による頭痛
脳出血・脳梗塞による頭痛は、頭が重たい感じやしびれるような痛みを感じます。原因と治療は、脳出血と脳梗塞によって異なります。
くも膜下出血による頭痛
くも膜下出血による頭痛の痛みは、ハンマーで殴られたような強烈な痛みがあるのが特徴です。原因は、動脈瘤が破裂することによるもので、すぐに手術をする必要があります。
脳腫瘍による頭痛
脳腫瘍による頭痛が起こるときは、同時に意識障害、マヒ、嘔吐などの症状があらわれることもあります。腫瘍を切除して治療をすすめていきます。
慢性硬膜下血腫による頭痛
慢性硬膜下血腫による頭痛は、首を振ったときなどに強い痛みが出てくることがあります。痴呆のような症状も出ることがあり、外科手術で血種を取り除いていきます。
高血圧による頭痛
高血圧による頭痛は、肥満気味の中高年に多くみられます。脈拍に合わせてズキズキする痛みです。治療には原因となっている病気を治すことが大切です。
髄膜炎による頭痛
髄膜炎が起こると、頭痛のほかに発熱などの風邪に似た症状があらわれることがあります。髄膜炎はウイルス性のものが多いです。
側頭動脈炎による頭痛
側頭動脈炎による頭痛は、こめかみにある動脈が浮き出て、ジワジワとした痛みがでてきます。詳細な原因は不明ですが、免疫異常に関係していると考えられています。