低髄液圧性頭痛の症状と特徴

スポンサード リンク



低髄液圧性頭痛の症状と特徴

低髄液圧性頭痛は、あまり聞き慣れていない名前の頭痛ですが、患者数自体は多いと考えられています。低血圧傾向の人で女性に多く、軽い場合はただの低血圧と思われることも少なくありません。

 

午前中に痛みが強く、朝起きてから30分くらいは痛みがピークに達します。しかし、午後には軽快することがほとんどです。

 

ジーンと頭が重くなったような感じで、痛みが強いときには脈拍に合わせて痛むことがあります。めまいを伴うこともあります。

 

 

低髄液圧性頭痛の痛みの特徴

 

  • 横になっていると痛みが軽くなるが、起きると痛みが強くなる。
  • 頭全体がジーンと重くなるような痛みで、強く痛むときは、脈に合わせて痛む。
  • 朝起きてから30分間がもっとも痛く、午後からは軽くなる。
  • 夏場にとくに悪化する。
  • 緊張しているときや熱中しているときは、痛みが軽くなる。

 

痛みはじめるとどうなる?

 

  • 痛みがあらわれるときに、めまいのような感じがする。

 

 

低髄液圧性頭痛の自己診断

 

低髄液圧性頭痛については、以下のような方法で自己診断ができるので、思い当たる人は試してみるといいでしょう。とくに低血圧の女性の方におすすめします。

 

横になってみると、痛みが軽減するか?
→横になって痛みが軽くなれば、低髄液圧性頭痛の可能性が高くなります。

 

いきんで腹圧を上げると、痛みが軽減するか?
→腹圧を上げて痛みが軽くなったときは、低髄液圧性頭痛の可能性が高くなります。

 

上体を起こしたまま頸静脈を両手で圧迫すると、痛みが軽減するか?
→頸静脈を圧迫して痛みが軽くなれば、低髄液圧性頭痛の可能性が高くなります。

 

スポンサード リンク

低髄液圧性頭痛の症状と特徴関連エントリー

低髄液圧性頭痛の原因と治療法
低髄液圧性頭痛の原因は髄液圧の低下によるものであることが分かっていますが、まだ詳しいことは不明です。治療には生活療法が有効です。