食道がんの初期症状

スポンサード リンク



食道がんの初期症状

症状はほとんどあらわれない

 

多くのがんでも初期症状はほとんどありませんが、食道がんの場合でも、はっきりと自覚できるような症状というものはありません。ただし、

 

  • のどに変な違和感を感じる
  • 刺激の強いものを食べたときに胸が痛む
  • 大きなものが飲み込みにくい

 

といったような症状はみられることがあります。

 

がんが大きくなり始めると、食道の内部を圧迫するようになり、のどの詰まりを感じたり、食べ物が飲み込みにくくなったりします。

 

また、食事の量もじょじょに減ってくるので、体重の減少もみられるようになります。

 

胃の内視鏡検査で発見されることも

 

食道がんは、人間ドックなどで発見されることがあります。胃に不快感をおぼえる人が内視鏡検査を受けて、偶然に食道がんが発見される例もあります。

 

早期のがんでは自覚症状がないために、このような検査でみつかることが多くなります。

 

嚥下(えんげ)障害とは?

 

食べ物や飲み物が飲み込みにくくなることを嚥下障害といいます。食道がん以外にも、嚥下障害を起こす病気がいくつかあるので注意しておきましょう。

 

食道の粘膜が炎症する食道炎食道潰瘍、食道の内壁が膨らむ食道憩室があります。

 

他にも、胃の噴門が開かなくなる食道アカラシアや、食道の粘膜が硬くなる進行性全身性硬化症があります。

 

スポンサード リンク

食道がんの初期症状関連エントリー

中高年の男性に多い食道がん
食道がんの患者数自体は少ないですが、それでも中高年の男性にとっては、注意すべきがんの1つになります。加齢とともに患者数は多くなります。
かつては治療が難しかった食道がん
食道がんは、気づきにくく、転移もしやすいために、治療が難しいがんの1つでした。最近では、医療技術の進歩で、生存率もかなり上昇するまでになっています。
食道がんにかかりやすい人とは?
食道がんのはっきりした原因は分かっていませんが、危険因子については少しずつ分かってきています。タバコやお酒を好む人は特に注意しましょう。
食道がんと生活習慣の関係
食道がんの発生率には地域差があることから、なんらかの生活習慣が関係していると考えられます。危険因子であるお酒をよく飲む習慣がある地域は、食道がんの発生も高くなります。
進行した食道がんの症状
食道がんは転移しやすく、進行していくと呼吸器にも症状があらわれるようになります。咳(せき)が続いたり、声のかすれなどがみられるようになります。