呼吸器の感染症に気をつける

スポンサード リンク



呼吸器の感染症に気をつける

かぜやインフルエンザの予防は必須

 

ぜんそくは気道が炎症を起こす病気なので、かぜやインフルエンザなどの呼吸器への感染症には十分注意しなければなりません。秋から冬にかけての寒い季節には、インフルエンザが流行します。

 

ウイルスに感染してしまうと、気道の粘膜が炎症を起こして、過敏性が高まり、さらにぜんそくの症状を悪化させることにもなってしまいます。

 

かぜやインフルエンザを予防するためには、できるだけ人ごみに入らない、外出の際はマスクをする、帰宅時にはよく手洗い・うがいをする等を徹底していきましょう。

 

おそろしい二次感染

 

もともと気道が炎症を起こしているぜんそくの患者さんがインフルエンザにかかると、細菌性の二次感染を招く危険性があります。

 

ウイルスや細菌の感染が、気管支や肺などの深い部分にまで達してしまうと、二次感染となり気管支炎肺炎などにまで進むことがあります。すると、全身の状態が悪化して発作を引き起こす原因にもなってしまいます。

 

気をつけたい呼吸器感染症

 

かぜ症候群

 

アデノウイルス、ライノウイルス、RSウイルス、コロナウイルスなどが原因となります。症状には、くしゃみ、鼻水、咳、軽い発熱、頭痛、軽い筋肉・関節痛などがあります。持続期間は3〜7日です。

 

インフルエンザ

 

インフルエンザAウイルス、インフルエンザBウイルスが原因となります。症状には、40℃近くの高熱、強い寒気と頭痛、全身倦怠感などがあり、悪化すると白色の痰が出たり、呼吸困難になる場合があります。持続期間は5〜7日前後です。

 

 ↓ 二次感染が起こると

 

 

急性気管支炎

 

アデノウイルス、ライノウイルス、RSウイルス、コロナウイルス、インフルエンザウイルスなどが原因となります。症状には、高熱、激しい咳、胸痛、呼吸困難などがあります。持続期間は3〜7日です。

 

 

肺炎

 

肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、嫌気球菌、インフルエンザ菌などが原因となります。症状には、高熱、黄色い膿のような痰、胸痛、強い寒気・倦怠感・頭痛、呼吸困難などがあります。持続期間は7日以上です。

 

 

ウイルスを予防のための対策

 

  • 帰宅後のうがい・手洗い
  • 保湿で気道の粘膜を守る
  • インフルエンザワクチンの接種
  • バランスの取れた食生活
  • 換気をしてウイルスや細菌を出す

 

スポンサード リンク

呼吸器の感染症に気をつける関連エントリー

喘息予防のための生活上の注意
毎日の生活でちょっとした注意をするだけで、発作の悪化を食い止めることもできます。とくに過労は発作の危険が高くなるので、無理は禁物です。
ストレスコントロールで発作予防
喘息の要因のひとつがストレスです。大きなストレスを感じたり、精神的なプレッシャーに悩んでいると発作を起こしやすくなります。ストレスを発散する方法を知っておきましょう。
喘息の人はタバコは止めましょう
喘息もちの人は、タバコは絶対に吸わないようにしましょう。タバコに含まれる有害物質の影響で、発作が誘発されたり、気道の粘膜が炎症を起こします。
お酒で喘息が悪化する?
お酒を飲むことによって、「アルコール誘発ぜんそく」を起こしやすくなります。お酒に弱い人はともかく、耐性がある人でも避けるようにしましょう。
ペットが喘息の症状を悪化させることも
喘息の患者さんがいる家庭では、犬や猫などのペットを飼うのは避けるようにしたほうがよいでしょう。ペットの毛がアレルゲンになったり、ダニの栄養源になります。