スポンサード リンク


喘息についての情報満載!

ぜんそく,喘息,治療,症状,予防

 

最近ではぜんそくを発症している人が増えています。自分の周りにも、ぜんそくや発作の症状で悩んでいるという方が多いのではないでしょうか。

 

こどもでは、1クラスに3人ほどが小児ぜんそくを患っているといわれ、中高年の方でもはじめてぜんそくを発症するというケースもあるようです。

 

また、自身がぜんそくであると気づいていない患者さんも多いようです。激しい咳や動悸、息切れなどの症状が出ていなくても、潜在的なぜんそくである可能性もあります。

 

ぜんそくが増えて身近な病気になった原因には、生活環境の変化による影響が強いといわれています。ストレス社会の重圧に加えて、大気汚染や化学物質による影響でアレルギー性ぜんそくが増えているのです。

 

これほど患者さんが多いぜんそくですが、残念ながら理解がまだ進んでいないという側面もあります。症状を軽くみて正しい治療法をしなかったり、病院を受診をしないという方はどんどん悪化していまいます。

 

現在ではぜんそくの病態もだんだんと解明されつつあり、発作を起こさないための吸入ステロイド薬などを用いた治療が主流になっています。本サイトでは、ぜんそくの症状、原因、治療法などをできるだけ分かりやすく解説しています。健康な日々を送るための一役になれば幸いです。

サイトマップ

ぜんそくという病気を知る

ぜんそくは現代人に増えている病気  喘息の症状は咳(せき)、痰(たん)、息苦しさ  発作の誘因はダニ、ほこり、ストレスなど  ぜんそくは気道のアレルギー炎症の病気  アトピー型と非アトピー型のぜんそく  小児喘息はアトピー型が多い  成人喘息の原因と特徴  ぜんそくのさまざまな検査方法  咳喘息の症状、原因とは  ぜんそくと合併しやすい病気  ぜんそくの他に咳や痰が出る病気 

ぜんそくの予防・治療方法

発作を招きやすい人の共通点  ぜんそくの主な治療法は薬物療法  喘息治療と吸入ステロイド薬  ぜんそくの抗アレルギー薬  ぜんそくの気管支拡張薬  薬を使うときの注意点  喘息に効く漢方薬とは  ぜんそくの吸入器の選び方 

ぜんそくの自己管理

自己管理とぜんそく日誌の活用  ピークフロー測定で喘息の状態を知る  ピークフローの標準値と比較する  ぜんそくの発作がおさまった後の油断は禁物 

ぜんそく発作が起こった場合の対処法

ぜんそく発作時の症状はすばやく抑える  ぜんそく発作を抑えるために使われる薬  ぜんそく発作の前ぶれに注意する  小発作の症状と対処法  ぜんそくでの息苦しさをやわらげる工夫  中発作の症状と対処法  大発作の症状と対処法  喘息の入院治療 

日常生活からぜんそくを予防する

ぜんそく予防のための生活上の注意  呼吸器の感染症に気をつける  ストレスコントロールで発作予防  ぜんそくでは禁煙が鉄則 百害あって一利なし  アルコール誘発ぜんそくに注意する  ペットがぜんそくの症状を悪化させることも 

喘息克服マニュアル

4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法の購入レビュー 

ぜんそくについてのQ&A

Q.ぜんそくがあると運動やスポーツは避けたほうがいいですか?  Q.ぜんそくの発作が起こっていなくても薬を使わなければいけないのはなぜ?  Q.痰を出しやすい姿勢はありますか?  Q.ぜんそく発作時のために腹式呼吸のやり方を教えて下さい。  Q.ぜんそくの原因が職場の環境にある場合、転職するしかありませんか?  Q.ぜんそくをもつ息子が小学校入学を控えています。注意することはありますか?  Q.ぜんそくで小学校を休ませても大丈夫でしょうか? 

お問い合せ・免責事項


リンク集