成人喘息の原因と特徴

スポンサード リンク



成人喘息の原因と特徴

ぜんそく,喘息,治療,症状,予防

ぜんそくはこどもだけでなく大人もかかる病気であり、患者数をみても小児ぜんそくより成人ぜんそくの方が多いことが分かっています。

 

成人ぜんそくでは、非アトピー型である場合も少なくありません。

 

つまり、アレルゲンなどの特定の原因がなく、かぜなどで突然発症することがあるのです。また、今までぜんそくにかかったことはない人が、大人になってはじめて発症するケースもあります。

 

自分は今までにアレルギー体質と診断されたことがない人でも、環境の変化によって抗体を作りやすい体質になっている場合もあります。

 

「自分は大丈夫」と思っている人ほど病院で診療を受けないので、どんどん症状が悪化してしまうことがあります。気になる点があるときは、少しでも早めに受診にいきましょう。

 

過労やストレスが原因となっていることも多い

 

成人ぜんそくを発症することが多い年齢層は、40代〜60代になります。このあたりの年齢になってくると、子供の教育費などのお金の問題、仕事での重役の責任、介護の心配などで、過労やストレスを訴えることも少なくありません。

 

ストレスは体にもさまざまな悪影響を及ぼします。自律神経の働きが乱れ、ホルモンバランスが崩れて、ぜんそくも発症しやすくなってしまいます。加齢による免疫力の低下などによって、かぜをひいてしまうこともぜんそくの要因になっています。

 

また、仕事が忙しいために、なかなか治療に行けずにストレスが溜まって、発作を繰り返す状態になることがあります。こうなると慢性化してしまい、なかなかよくなりません。

 

スポンサード リンク

成人喘息の原因と特徴関連エントリー

ぜんそくは現代人に増えている病気
近年の生活環境の劇的な変化で、気管支ぜんそくにかかる人が爆発的に増えました。また、大人のぜんそくも増えているようです。
喘息の症状は咳(せき)、痰(たん)、息苦しさ
はげしい咳が出るという人や胸の息苦しさを感じている人は注意しましょう。ぜんそくの典型的な症状でもあります。
発作の誘因はダニ、ほこり、ストレスなど
ぜんそくの発作の誘因には、ダニなどの「アレルゲン」やタバコ、ストレスも関係してきます。発作の誘因はたくさんあるので知っておきましょう。
ぜんそくは気道のアレルギー炎症の病気
ぜんそくの人の気道は、他の人と違いアレルギー性の炎症を起こしています。発作を鎮めるためにも炎症を抑えていくことが治療のポイントになります。
アトピー型と非アトピー型のぜんそく
ぜんそくにはアトピー型と非アトピー型があり、アレルゲンによる誘因によって区別されています。それぞれのタイプの解説をしていきます。
小児喘息はアトピー型が多い
小児ぜんそくのほとんどがアトピー型であり、アレルゲンが特定できます。発症には生まれつきの体質が大きく関係しています。
ぜんそくのさまざまな検査方法
ぜんそくを調べる検査方法にもたくさんの種類があります。年齢や症状に合わせて調べることになります。
咳喘息の症状、原因とは
ぜんそくとよく似た病気に「咳喘息」があります。発作的に激しい咳がでて市販の咳止め薬では治りません。その症状や原因を紹介しています。
ぜんそくと合併しやすい病気
ぜんそくとよく合併する病気として、アレルギー性鼻炎や花粉症ぜんそくなどがあります。それぞれの症状と治療法を解説しています。
喘息の他に咳や痰が出る病気
喘息以外にも、咳や痰が出る病気はたくさんあります。ぜんそくと見分けがつかない病気も多いので、自分の症状をはっきりと把握しておくことが大切です。