慢性腎炎の原因や症状を解説

スポンサード リンク



腎臓病のなかで最も多い

腎臓病,症状,原因,治療,慢性腎炎

慢性腎炎は、慢性糸球体腎炎ともいい、もっとも多い腎臓病として知られています。血尿・たんぱく尿が長期間(少なくても1年以上)持続するものをいいます。

 

かつては不治の病としても恐れられていましたが、最近の研究によって、いくつかのタイプがあり、症状が進行しにくいものもあることが分かりました。

 

原因

 

慢性腎炎の原因は、急性腎炎からの慢性化、免疫反応によるものが多いと考えられています。自覚症状がほとんどないために、原因については完全に分かっていません。

 

症状

 

主な症状は、血尿、たんぱく尿、高血圧です。このほかには、めまい、肩こり、むくみ、頭痛、倦怠感などがあります。

 

治療

 

むくみが強い場合は、利尿薬を使用し血液中の老廃物の排泄を促します。基本的には食事療法や薬物療法を行っていきます。生活の中では、激しい運動や過労は避けなければなりません。

 

また、血圧の維持に努め、症状を悪化させないようにしていきます。

 

【タイプ別慢性腎炎】

 

潜在型慢性腎炎 軽度のたんぱく尿、血尿がみられます。高血圧、腎機能の低下はありません。慢性腎炎のなかではもっとも軽く、治しやすいタイプになります。
高血圧型慢性腎炎 中程度のたんぱく尿と血圧の上昇がみられます。進行すると腎不全になりやすく、食事療法で生活を管理する必要があります。
腎不全型慢性腎炎 腎臓の機能が半分以下に低下した状態を腎不全といいます。吐き気、頭痛、動悸、呼吸困難などの症状がみられます。危険なタイプなので、一刻も早く適切な治療が必要です。

 

スポンサード リンク


慢性腎炎関連エントリー

急性腎炎
小児に起こりやすい腎炎が急性腎炎です。急性腎炎の原因と症状、治療法などを解説しています。
急性腎不全
腎不全の一つである急性腎不全について、原因、症状、治療法などを紹介しています。急性腎不全は、腎臓病のなかでも危険な病気で、死亡率も約50%と高くなっています。
慢性腎不全
慢性腎不全について、原因、症状、治療法などを紹介しています。末期腎不全を経て尿毒症になるため、危険な病気です。
ネフローゼ症候群
ネフローゼ症候群の原因、症状、診断基準などを解説しています。たんぱく尿やむくみなどを主な症状としている病気です。
IgA腎症(アイジーエーじんしょう)
慢性腎炎のなかでもっとも多いIgA腎症の症状や治療法を紹介しています。日本をはじめとするアジア諸国に多いという特徴があります。
糖尿病腎症
糖尿病の増加とともに増えているのが糖尿病腎症です。糖尿病腎症の症状から検査方法、治療法までを紹介しています。
痛風腎
痛風の合併症である痛風腎(つうふうじん)について、症状や治療法を解説しています。激しい痛みを伴うのが特徴です。
腎硬化症
腎硬化症の症状や原因、治療法などを解説しています。良性腎硬化症と悪性腎硬化症に分けられており、症状も異なってきます。
水腎症
水腎症の症状や原因、治療法などを解説しています。子供の水腎症は、先天的な原因のものが多いです。
尿細管間質性腎炎
尿細管間質性腎炎の原因から症状、治療法までを紹介しています。急性のものと慢性のものがあり、症状も違ってきます。
遊走腎(腎下垂)
立ち上がったときに腎臓が下がりすぎる病気が遊走腎です。遊走腎の症状の現れ方や治療法などを解説しています。
腎腫瘍 (腎細胞癌)
腎腫瘍の症状や原因、治療法について解説しています。腎臓に発生する腫瘍の多くは腎細胞がんで、悪性腫瘍となっています。
腎尿路感染症
腎尿路感染症の原因から症状、治療法などを紹介しています。尿路は細菌に感染しやすい器官となっています。
遺伝性腎疾患
腎臓病のなかには、遺伝子と深い関係のある病気があります。アルポート症候群、薄い基底膜症候群、多発性嚢胞腎の症状などを紹介しています。